読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レーシックしてから10年たったおっさんの今を伝えちゃうよ!

f:id:greyu:20170214231022j:plain

一昔前にレーシック難民なんて言葉がはやったよね。実は僕、今から約10年くらい前にレーシックを受けてるんです。

その話すると「え?大丈夫?実際のところレーシックってどうなの?」ってよく聞かれるんで、ちょっとまとめてみたよ。

なにせ10年前だからね、結構記憶があいまいだけど、必死に当時を振り返ってみます。

まあ、結論から言うと今のところは概ね順調なんですヨネェ!

レーシックの色々

手術を受けるまで

僕の場合、中学生くらいから段々視力が落ちてきて高校生の頃にはすっかりメガネ男子でした。

その後、しばらくしてハードコンタクト→ソフトコンタクトへと変化していったんだけど、やっぱりコンタクトは面倒くさい!

特にハードの場合、最初の頃はなかなか目に入らないしすぐにズレる。慣れてからもよく目にゴミが入っては痛くて仕方ない、ってことばっかりだった。

使い捨てのソフトに変えてからは、だいぶ楽になったけどコストパフォーマンスは悪くなったし、なんだかんだで面倒だよね。 メガネはメガネで冬は曇るし夏は邪魔だし、ずっとしていると耳とか鼻が痛くなってくる。

そんなわけで、今後ずっとメガネやコンタクトを付け続ける位なら!って思いでレーシックしたんだよね。

当時はレーシックがすごく盛り上がってて色々な広告とかもバンバン出てた。(最近あんまり見かけないけど…汗)

あちこちでキャンペーンとかやってたし。

そして僕は某品川クリニックでレーシック手術を受けたのだった。。。

入院するの?事前検査とかは?

基本的に日帰りでOK。手術が可能かどうか事前にチェックを受ける必要あり。人によってはそこでNGうけて手術できない場合もあるよ。

気になる当時の金額は?

当時の値段は15万~20万位。保険きかないから高い!家族紹介(メール登録だけ、実際に手術受ける必要無し)で3万割引とかやってた。

今考えるとなんじゃそりゃ!って感じの意味不明な割引。受ける必要がないから何のために登録するのかよくわからない。

でも今も料金はあんまり変わってないみたいだね。

実際の手術の流れは?

たしか手術当日は、事前チェックとかしてから、目薬タイプの麻酔を点眼して強制的に瞳孔を開いた状態にする。

そしてなんか巨大なバズーカ砲みたいな機械を使って目にレーザー当てます。眼球の表面の組織をめくって角膜に直接レーザー当てて屈折率を変えるらしい。超怖い。

もちろん痛みはないんだけど、文字にするときもいね。

で、正面をじっと見るように言われてサテライトレーザーが発射される。これがまた眩しくて見てらんない!なんかひたすら正面を見るように言われるんだけど

無意識で視点がぶれる。途中「ずれてるよーちゃんとレーザー見てー」とか言われるけどどうすりゃいいのかわからず軽くパニック。

目は霞んで見えないのに眩しさは感じる。しかもなんか焦げ臭い匂いするから超焦る。え?僕の目焦げてんの?

レーザー当ててるのは30秒位だったと思う。その間看護婦のおばちゃんがカウントダウンしてくれた。

それにしてもまあ長かったね、この30秒は。焼き土下座している気分だった。

術後の経過

終わった直後は別の休憩室みたいなところで30分くらい休んでその日のうちに帰宅できる。

麻酔が切れてからも特に痛みはないけど刺激を受けないように花粉用メガネみたいなのをもらって、当日はそれをつけて帰った。

あと目薬を2種類位渡されて1時間おき位に点眼する。後3日、一週間、3ヶ月、半年(だっけな?)ごとに定期検査、俺は特に問題なし

最初はかなりぼやけて見えるけど2、3日で安定する。一週間検診のときは2.0出てた、ヒュー!

その後の定期健診も特に問題はなく、1週間もすれば顔も洗えるし、日常生活はほぼ問題なく送れる。

ただ、もちろん目をこすったりはしばらく厳禁だけどね。レーザー当てるときにめくった眼球の表面がしっかりくっつく前だとズレる恐れがあるらしいよ。

そしてレーシック難民が話題になった

数年前、レーシック難民が話題になったとき、レーシックしたやつはバカってムード全開だった、世の中は。

もう「実は僕レーシックしたんだ…」ってカミングアウトしたら f:id:greyu:20170214231013j:plain

って言われそうな雰囲気。もう「お前・・・。やっちまったな・・・。」って同情されるしかない。

もはや完全にレーシックは欠陥手術扱いで、あとは静かに失明の日を待つだけ。みたいな。

「だってレーシックしている医者はメガネじゃん。」みんなそれ言う。もう100回位聞いた。

単純に世の中の眼科医は全員メガネフェチかも知れない。てかメガネが好きすぎて眼科医になったかもしれない。実際マジでいそう。

でも僕はそれほど心配してなかった。一部の悪質な業者の手術が問題だっただけで、別にレーシックそのものが悪と決まったわけじゃないからね。

日本眼科医協会のサイトにこんなこと書いてありますがな。

レーシックを受けることをお考えの皆様へ ―そのレーシックは本当に安全でしょうか?―

Oh・・・。

10年後の今はどんな感じ?

完全になにも不具合ないかっていうとね?実はそうでもないです。いくつかの問題点は確実にある。

夜間ライトがまぶしい

これは事前にわかってた話なんだけど夜、光が乱反射してまぶしい。半年位でだいぶ落ち着いてくるけど。

いまだに夜間の運転とかちょっと怖い。運転に支障が出るほどじゃないけどね。

よく目がかすむ

なんか目ヤニがびっしり付いてた時みたいに目がかすむことがよくある。あと、もともとドライアイだったこともあって、冬場とか目が乾きやすい。で、乾くと目がかすむ。

老眼リスクが高まる

目がよくなったことで、将来的に一つ問題が出る。それは老眼の早期発症のリスクが高まるという点。

まあ、最近はどいつもこいつもPCやらスマホやら目に負担がかかることしまくりだからね。早い人だと30代から発症するみたい。怖いね。

これは若いころ煩わしい思いをするか年取ってから煩わしい思いをするかの違いだね。どの道いずれメガネの世話になるのはさけられないようだ。

まとめ

なんだかんだいって後悔してないけど、10年たっても今後はどうなるかわからない。

将来的により安全で簡単な視力矯正方法が世に出てくる可能性だってあるし。

ただ、やはり全体的にはまだまだ安全性には疑問が残るっていう見解が多いみたいだね。

故人的に一つ言えるのは、やるなら若いうちにやった方がより裸眼生活を長く楽しめる可能性があるってことかな。

40歳過ぎてからレーシックしてもすぐに老眼鏡に頼る年になるだけだし。

まあ正直いって、僕個人としてはあまり積極的におススメはしないかな。

もしもやるならば、自己責任でということになります。

以上、レポっす