読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ATMでイライラすること

ATM

ATMを使っていると、どーしても許せないことがある。

例えば、キャッシュカードでお金を下ろそうとしたときをイメージしてほしい。

カードを入れて、出金ボタンを押す。

そこで金額を入力する際に、あれ?そういや残高っていくら残ってったっけ?

で、この段階にきて残高を見たいと思っても見れない。

そういう時は仕方なく最初のメニュー画面に戻るしかない・・・と思いきや

取り消し→カードを入れるところからやり直し。というコンボ。

お手数ですが最初からやりなおしてください。

ゴン怒り なんでだ

ちがうよね!?おかしいよね!?一個前でしょ!?せめてメインメニューからでしょ!?

そりゃあね、お金を扱うからセキュリティを重視する、というのはわかりますよ。

でもその理屈でいったらレジだって毎回1からやり直しになっちゃうでしょーが!

し・か・も・!!

「お手数ですが最初からやりなおしてください」の後しばらくなんか内部的にウェイト時間が入るんですよ!5秒くらい待たされる。

いやこれホントにお手数だよ!

後ろに人が並んでたらどうすりゃいいのよ!

気が弱い僕は「ふー、一仕事終わったぜ!」って顔でそのまま帰っちゃうよ。

でも実際のところ、すべてがこんな感じで1からやり直しになっていたら世の中どうなっちゃうのよ。

シミュレーションしてみるよ!

ライブにて

「お前らー!盛り上がってるかーーー!」

「いえーーーー!!!」

「もっと歌いたいところだけどよ!そろそろお開きの時間が来ちまった!」

「ええーーーー!!!」

「すまねえな!だから次がラストナンバーだ!」

「やだーーーー!!!」

「聴いてくれ!お前らに贈る・・・。『ラストソンギュ』、、すまねえ、噛んじまった!お手数ですが最初からやり直すぜ!一曲目ーーーー!!」

「いえーーーー!!!」

卒業式にて

「あおーげばーとおーとしー」

・ ・ ・

「あー、今日で高校生活ともおさらばかあ、さみしくなるね」

「そうね、でも卒業しても遊ぼうね!私たちずっと友達よ!」

「うん!大学行っても会えるしね!」

「そうそう!今度一人暮らしするところだって近いんだし!」

「だよね、これからもずっと友達だよ?」

「うん、もろちん!」

「あ・・・」

「ごめん。お手数だけど最初からやり直すね。」

・ ・ ・

「私も今日から高校生かあ」

病院にて

「おじいちゃん!しっかりして!」

「・・・あ、あ・・・」

「私だよ!わかる?孫のハナコだよ!」

「・・・わ、わか、る・・よ」

「さ・・いご・・にもう一度・・・笑顔を・・・みせて・・おくれ」

「うん!うん!・・・ごめんね、おかしいね、涙がとまらないの!」

「だ・・いじょう・・ぶ・・・泣くこと・・・ないぞよ・・」

「いや、おじいちゃん!もっと生きて!」

「わ・・、わしは・・もう・・・100年も生きたし・・幸せ・・じゃった・・」

「やだよ!死なないで!」

「ありがとう・・・ハ・・・ナ・・・・」

「最後まで言って!名前を言い切って!」

「・・・・・。」

「いやーーー!お手数だけど最初からやり直してーーーー!!」

「オギャー!!」

最後に

どうだろう?ATMで最初からやり直してくださいというのがどれだけ理不尽かつお手数をおかけするか、おわかりいただけただろうか。

プログラミング的には何の問題もないはずだ。むしろネット銀行とかネット証券の制御の方がよっぽど心配だ。

もしかして年配の方々に配慮してよりわかりやすくしているつもりなのだろうか。

それを言ったら駅の券売機はどうなるのか。これだって年配の方々も使うけど1つ前に戻れるはずだ。

これを見ている銀行関係者の皆様には、是非とも改善いただきたいと切に願いを込めて、筆をおきたいと思う。

ー2月某日。日差しが差し込むテラスでショパンを聞きながらー