読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社の飲み会はなぜつまらないのか

会社飲み会

社会人であれば、必ず一度は経験するであろう、会社の飲み会。

残念ながら多くの人間は楽しいとは思っていないのが事実でしょう。僕もそうなんだぜ!

実際のところ、なぜ会社の飲み会はつまらないと感じるのか。

その理由を改めて考えてみるんだぜ!

会社の飲み会はなぜ必要か

がっかり子供

一昔前には飲みにケーションなんて言葉もあり、社内でしか付き合いがない メンバー同士が手っ取り早く仲良くなるためには飲み会は必須と言えたんだよね。

まあ、確かに仕事中は雑談なんてあまりする機会はないだろうし、一緒に仕事している人の 趣味や嗜好なんてほとんどわからないままお互いビジネスライクに付き合っている。手のが普通だね。

心理学で相手の内面をしればよりその人に対して好感を持つ、という話がある。

職場での付き合いだけの上司や同僚であっても、プライベートな面を知れば親しみがわいて、結果として コミュニケーションが円滑になる、そのためにはお酒が入る飲み会をセッティングする。

ってのはまあ、一応理にかなっていると言えるねえ。

実際に職場の飲み会が嫌いな人の割合は?

割合

こんなアンケート調査がある。 ちょっと古いけどそれぞれ、2013年、2007年のアンケート結果だね。

総計で見ると、「大好き!」「好き」「まぁ好きかな」の【好き派】が55%に対し、「大嫌い!」「嫌い」「どちらかというと嫌い」の【嫌い派】が25%と、【好き派】が2倍以上という結果になりました。

■若い世代ほど飲み会が嫌いな人が多い? 年代別で見ると、若い世代ほど【嫌い派】が増え、年代が上がるほど【好き派】が増えています。特に60代以上は【好き派】が約6割と他の世代に比べて多いのが特徴的でした。

引用元@niftyニュース なんでも調査団

上司と飲みに行きたいかをたずねました。

飲みに行きたいと回答した人の割合が 42.5%(「行きたい」8.0%+「どちらかといえば行 きたい」34.5%)で、行きたくないは、49.1%(「行きたくない」7.4%+「どちらかとい えば行きたくない」41.7%)となり、ほぼ半々の回答となりました。

性別年代別でみると、男性では 30 代で行きたい(「行きたい」+「どちらかといえば行 きたい」、以下同じ)が 56.6%と突出して高い割合を占めました。一方、40 代以降で行き たい人の割合は4割未満となります。 女性では 20 代で行きたい割合が5割を超えますが、年齢が高くなるにつれその割合は低 くなり、50 代では2割未満となります。

引用元 第一生命 職場の人間関係に関するアンケート調査』

あり?意外やね。 こうしてみると、実際には嫌い派の方が少数派なんだね。

ホントかよ?アンケートでも遠慮してんじゃないの?

僕が会社の飲み会をつまらないと感じる理由

僕が会社での飲み会で感じるつまらなさの原因を考えてみると最終的には1つの結論にたどり着いたわけよ。

それは結局『その人のことをよく知らないから』

その人のことを知る→興味を持つ→もっと知りたい→飲みや食事などの場でプライベートな場で会話したい。

これが普通の流れだと思うんだけど、実際のところは興味を持つ、という段階をすっ飛ばして

コミュニケーションを円滑にするために飲み会で強制的にお互いの内面をさらけ出そう。っていう話になっている。

おいおい、こっちはまだ心の準備ができてないよ。せめて僕があなたに興味を持ってからにしてよ。って言いたい。

でもそれは相手も同じで、そんな状態でプライベートな会話をしなきゃいけないからアルコールの力で無理やり場に溶け込むしかないんだよね。

お互いの手の内をみせないから展開が遅い

そんなわけでお互い興味を持っている、という本来のスタートラインにたっていないまま、いきなりプライベートな会話をしていかなきゃならない。

だから当然、最初は手探り状態でジャブを繰り出していくしかない。

そうなると序盤の会話は結局仕事に絡む話になることがほとんど。

「今日の会議で××さんの話長いって思ってたよー」とか

「〇〇さんのメール文章ってなんか変だよね」とか

ヒドイのになると普通に「昨日の会議の結果ってやっぱり△△なんですかねー」ってそりゃ会社でやれや

もうまさに『THE・表面的な会話』のお手本みたいなのが最初の30分くらい延々と続く。

っつーか、下手すると1時間以上そんなレベルの会話が続くこともおかしくない。

お互いの内面を知るはずの飲み会でなんで会社の延長みたいな話しなきゃならんのよ・・・。

で、少しお酒が入って警戒心が解けてくると、次の会話は

「◇◇さんってどこに住んでるんだっけ?」とか

「□□君は結婚してるの?」とか

あー、それマジ遅いわー

ホント遅い

それ今頃聞いちゃうやついるの

ホント遅いわー

俺が一番最初に気づいたわー

なんでそんな話を開始1時間半経ってからしてんのよ

それせめて15分後だろ、ひっぱっても30分後だろ。

これね、下手に人数が多いからなおさらなんだけどとにかく展開が遅い。

で、やっとこお互いのプライベートが見え隠れした時点で『終了』

はい、お疲れさまでした。という具合にさっさと各々帰路につく。

それでどれだけ距離感が縮まるというのか

そんなわけで2時間(の内半分以上を会社の延長みたいな会話をするだけ)の飲み会はたいして盛り上がりもないままに終了するわけだ。

で、その結果どれだけお互いの仲が近づいたというのだろうか。

果たしてそれは2時間という時間と数千円の会費を払うだけの価値があるのだろうか。

まあ価値観は人それぞれだから、その分飲み食いしたから充分と感じるひともいるだろうし

なんだかんだ言って楽しかったと感じている人もいるだろう。

でも僕は帰るたびに思うんだ。『なんだったんだこの時間は・・・。』と。

個人的にはよっぽど気が合う人を見つけたり、小規模のグループに分かれて話が盛り上がったり

ということがない限りは、ほかの社員との距離感なんてほんの小指の先位しか縮まらない。

しかも大抵の場合、結局飲み会の間一度も話すことがなかった人が半分以上いる。

相手のことをあまり知らない、そしてそもそも興味がない、さらに人数が多い。

この3段階の仕組みのせいでちっともお互いを知ることができないままなのである。

どうすればよくなるのか

ハッピー

では逆にどんな飲み会ならば楽しいのだろうか?

  1. 仲の良い友人と飲む場合
  2. 興味がある人と飲む場合
  3. 気が合う人、楽しい人と飲む場合
  4. 可愛い子と飲む場合

こんなところだろうか。

職場の飲み会という前提があるので、1は今回除く。

2.に関しては元々お互いを知らないのでなかなか興味を持つのが難しい。

ある程度一緒に仕事をしてその人の人となりを知れば可能かもしれない。

3.はさらにもう一歩進んだ場合の話でもあるが、実際に相手のことを知らない状態で

飲んだとしても一気に意気投合することもあるし、初対面でも楽しいひとはいる。

4.はストレート過ぎてあれだが、まあ男はそういうもんだよね、普通。

いずれもランダム要素も絡むので根本的解決とは言い切れない。

そこで原点に立ち返り『お互いのコミュニケーションを円滑にする為の飲み会』という目的を

遂行するために効果的なルールはどんなものかを考えてみた。

  1. 少人数グループで飲みに行く

  2. 職場、仕事ネタに関する話題を原則禁止する

  3. 会費は会社負担とし、飲み会の日は終業時間を普段より1~2時間早める

  4. ある程度メンバーを変えつつ、何回かにわけて実行する

1.と2.を併用することで異常に展開が遅い、という問題を解消させる。

あくまでも目的は社内コミュニケーションの円滑化であることから社内行事の一環ととらえ

残業代を支給しない代わりに、その分終業を早めることで賄う。もちろん会費は会社負担となる。

そして、グループメンバーをシャッフルしながら何回かに分けて飲み会を実施することで

全メンバー間でのコミュニケーションを図る、という案だ。

いかがだろうか。これなら当初の目的は果たせるのではないか。

職場のメンバーの親交を深める→仕事の円滑化につながる。というのならば

もはやそれは社内研修などと同じ業務プロセスの一種として組み込むべきなのだ。

中途半端に自主的に会社行事を行おうとするからおかしくなるんだ。

要は会社の上司が「来週の日曜日、俺たちで集まって今のプロジェクトの進捗報告会やろーぜ」というのと

なにもかわらない。

そう、結局のところ会社の飲み会がつまらない最大の原因は、内容そのものは仕事とプライベートを融合させているくせに業務外の個人負担になっている(金銭的にも時間的にも内容的にも)ところだったんだよ!

な、なんだってーΩ

おしまい